城南福祉医療協会 大田病院 Ota Hospital
病院のご案内
大田病院の理念
城南福祉医療協会ネットワーク
医療活動の紹介
入院される方へのご案内
外来のご案内
健診と人間ドックのご案内
健康のかけはし
医師をめざす学生のページ
看護師をめざす学生のページ
HOME
HOME > リハビリテーション科 > 言語聴覚療法
リハビリテーション科について

 言語聴覚士は,コミュニケーション機能や食べる機能の回復を目指します。
 聴く・話す・読む・書くといった言語能力の改善のほか,安全にお食事をお召し上がり頂けるように,必要に応じてVE(嚥下内視鏡検査)を行っています。また当院では,完全側臥位法を導入しています。座った状態でお食事をすると誤嚥してしまう場合でも、姿勢の変更を検討し評価することで,安全なお食事が行えるように,訓練だけでなく退院後も含めた家族指導を行っています。

 
 

言語訓練

構音訓練

 

嚥下訓練

VE(嚥下内視鏡検査)

 

実際に飲食物を飲み込み,咽頭を通過していく状況や咽頭部の形や動きを評価します。その結果をもとに,食形態や姿勢を検討し,訓練やお食事の設定をしています。

完全側臥位

横向きに寝た状態(誤嚥を予防しやすい姿勢)で飲み込みの訓練を行っています。

 
 
お問い合わせ 個人情報保護に関する城南福祉医療協会基本方針・利用目的 ?2006 Ota Hospital, All rights reserved.