城南福祉医療協会 大田病院 Ota Hospital
病院のご案内
大田病院の理念
城南福祉医療協会ネットワーク
医療活動の紹介
入院される方へのご案内
外来のご案内
健診と人間ドックのご案内
健康のかけはし
医師をめざす学生のページ
看護師をめざす学生のページ
HOME
HOME > 大田病院の入院について


大田病院の入院について
 
1.入院の申し込みについて 5.入院生活のご案内 9.退院後の診療について
2.入院の手続きについて 6.医療安全の対策について 10.医療相談について
3.入院の時に用意するもの 7.入院の申し込みについて 11.栄養相談について
4.お部屋について 8.退院の手続きについて  
1.入院の申し込みについて
医師の診察を受け、入院が決まりましたら、看護師の説明にもとづいて、入院の申し込みの手続きを行ってください。
入院申込書・誓約書には、必要事項を記入いただき、保証人の欄には保証人の印鑑を、誓約書には入院患者さまの印鑑を押し、入院の際に受付に提出をお願いします。なお、保証人には、「入院患者さま以外」の方をお願い致します。
2.入院の手続きについて
入院時間:お知らせした時間(通常は午前10時)に1階入院受付においでいただき、手続きを済ませてください。
入院手続き時にお持ちいただくもの
1)入院申込書・誓約書
2)健康保険証
3)各種医療証・介護保険証(お持ちの方のみ)生活保護受給者の方は医療要否意見書(入院分)
4)診察券
5)印鑑
6)退院証明書(過去3ヵ月以内にいずれかの医療機関に入院されていた方)
7)紹介状(紹介患者さまの場合)
3
手続きがお済になりましたら、入院事務、または、病棟の看護師がお部屋へ案内いたします。
※入院の際の保証金は不要です。
3.入院の時に用意するもの
寝衣:病衣をご用意してください。
寝間着、下着、バスタオル、タオル類、上着、ガウンなど。
患者衣のレンタルをご用意しております。
洗面用具:歯ブラシ・洗面器・シャンプー・リンス・石鹸・電気カミソリなど
他のもの:下着類、室内履き(転倒防止のため、シューズ・運動ぐつ等をお願いしています)、ティッシュペーパー、バスタオル、タオル、上着をご用意ください。カップ、はし、スプーンについては毎食用意しますが、他の時間にご使用の場合はご自分で用意してください。義歯を使用の方は蓋付きの容器にも名前をご記入お願いします。なお、持ち物にはすべて記名をお願いします。
3
手術予定の患者さまには、看護師がその他の必要なもの(腹帯・T字帯・紙おむつ等)を説明いたします。
紙おむつ:病院指定の紙オムツをご使用ください。個別の持込の紙オムツはご使用になれません。
お薬:診療所や病院等での服用中のものは、すべてご持参頂き、看護師にお渡しください。
公衆電話を使用される方:小銭またはテレフォンカードをお持ちになると便利です。
電気器具・寝具の持ち込みについて:電気器具・寝具の持ち込みはご遠慮ください。なお、テレビは備え付けのテレビをご利用ください(各病棟に設置してある自動販売機でカードを購入して、ご利用いただけます)。使いかけのカードは払い戻しができます。1階にある払い戻し機の使用時間は午前9時から午後5時までです。
4.お部屋について
差額室料の徴収は行っておりません
療養上の都合、病状の変化等により、入院中に病室を移動していただくことがあります。
5.入院生活のご案内
■入院中のご注意
1) 入院生活上の注意:治療の効果を上げるため医師や看護師の指示をお守りください。医師の指示をお守りになれない方は退院していただく場合があります。
2) 消灯時刻:午後10時です。
3) 外出や外泊:医師の許可が必要です。外出・外泊許可書が必要になりますので、ご希望の場合は、医師や看護師にご相談ください。外泊は一泊のみ許可となります。
4) 職員等への心づけ:金品等の贈り物は固くお断りしています。
5) 不用な金品の持込みならびに患者間の金品の貸し借りはトラブルのもとになりますのでご遠慮ください。
6) 電話のお取次ぎ:緊急の場合を除き入院患者さまへの電話のお取次ぎはできません。お電話がありましたことはお伝えします。
7) 迷惑行為:他の患者さまの迷惑になる行為はご遠慮ください。また、テレビや音響製品をご利用の際はイヤホンをご使用ください。
8) 院内での携帯電話のご使用について:医療機器に障害を与えるおそれがありますので、院内使用可能な場所でご利用ください。
・病棟はデイルーム窓際(案内箇所)
・1階は公衆電話室内
それ以外の場所では、ご遠慮ください。なお、病院職員が使用している携帯電話は、院内専用のもので弱い電波を用いており、医療機器への影響のないことが確認されています。
9) パソコンのご使用について:他の患者さまのご迷惑になりますのでご遠慮ください。
10) 禁煙:病院の敷地内は全面禁煙となっております。
11) 火災や地震時:非常事態が発生した場合、看護師などの誘導に従ってください。なお、避難の際は、危険ですので絶対にエレベーターを使わないでください。
■病院の設備について
1) 公衆電話:各病棟の廊下脇コーナー、1階(救急外来向かい側)にございますのでご利用ください。
2) コインランドリー:各病棟にございます。使用料は洗濯機が1回200円、乾燥機が30分100円です。テレビカードで使用できます。
3) 売店:1階にございます。営業時間は、平日が午前8時30分から午後5時まで、土曜日は、午前8時30分から午後の1時までです。日曜・祝日はお休みです。飲料水の自動販売機は売店に設置しております。
4) 面談室:各病棟にあります。ご利用にあたっては看護師にお申し出ください。
■食事について
1) 栄養管理:治療として病状にあったお食事をご用意いたします。患者さまの要望に応えたサービスとして、選択メニューを実施しております。
2) 食事の時間:おおむね朝食が午前8時、昼食が午前12時、夕食が午後6時です。
3) 栄養相談:ご希望の方は医師、看護師にご相談ください。
4) 食べ物の持ち込み:衛生管理上・治療上のためご遠慮ください。また、患者さまの間での食品のやりとりは固くお断りします。
■入浴について
1) 入浴・シャワー:医師の許可が必要です。
2) 浴室:各病棟にあります。使用時間・曜日については看護師にお尋ねください。
日曜・祝日は入浴できません。入浴時は必ず前もって看護師に声をおかけください。(回復期リハビリ病棟には介助専用の浴室があります)
3) 介助を必要な方:病状を見ながら病棟のスタッフがお手伝いします。入浴に必要な物品は事前に準備をお願いします。
5
■貴重品について
現金や貴重品:お預かりできませんので、お持ちにならないようお願いします。なお、貴重品などをお持ちになった場合は、床頭台の金庫をご利用ください。管理は患者さまご自身でお願いします。
6
■付き添いについて
1) 入院中の看護は看護師がいたしますので、付き添いの必要はございません。
2) ご家族の希望がある場合は、患者さまの病状などの状況により医師が許可したときに限り、ご家族の付き添いが認められます。
7
■面会について
1) 面会時間:午後1時から午後8時までです。
2) 面会の手続き:1階の受付で備え付けの面会人台帳に必要事項を記入され、面会許可証を受け取り着用してください。お帰りの際は、1階受付の面会人台帳に面会終了時間をご記入の上、面会許可証を返却してください。
3) 面会時の注意:酔って面会されたり、大声で話したり、多勢で面会するなど、他の患者さまの迷惑になることは、固くお断りします。また、小学生以下のお子様づれの面会も院内感染の予防のためできるだけご遠慮ください。
*生花のお見舞い品は、感染予防のためご遠慮ください。
4) 駐車場について:駐車場はございますが、数に限りがありますので、ご面会の際はなるべく公共の交通機関をご利用ください。
6.医療安全の対策について
当院では、安全な医療を行うために、患者さまの名字とお名前をお呼びするとともに、確認のために患者さまからも名乗っていただいております。
入院時、患者さまの承諾を得ることを原則として、ネームバンドを着用していただいております。取り外しは退院日に看護師が行います。ご協力をお願いします。
3
患者さまと患者さまの診療情報を共有しながら医療を行うために、カルテ開示もすすめています。
7.入院費用の支払いについて
お支払いいただく入院費用は、診療の内容や保険の種類によって異なります。費用の概算などにつきましては、病棟の担当事務または医事課へお問い合わせください。
お支払いは、月末で計算し、8〜10日ごろに請求書を病室へお届けしますので、1階受付の会計でお支払いください。退院時は退院前に請求書をお届けします。
3
お支払い後の領収書は、所得税の医療費控除を申請する際に必要ですので、大切に保管してください。
8.退院の手続きについて
退院日が決まりましたら、退院前日夕刻までに病室へ「請求書」をお届けします。原則として、退院時までに1階受付の会計でお支払い願います。領収書をお渡ししますので、看護師にお見せください。
退院は原則9時30分にお願いします。退院時にお渡しする「退院証明書」は、次回入院するときに必要になりますので、大切に保管してください。(再発行はいたしませんのでご了承ください)
9.退院後の診療について
かかりつけの医療機関に診療を引き継ぎしますので、かかりつけの医療機関におかかりください。
10.医療相談について
★医療相談(1階医療相談室)
1) 入院にともなって生じる生活上および経済上のさまざまな問題、退院に向けての在宅療養や転院に関する問題などについて、医療ソーシャルワーカー(MSW)が相談に応じています。お気軽にご利用ください。
2) 相談を希望される方は、医療相談室に直接おいでいただくか、主治医または担当看護師にお伝えください。
11.栄養相談について

★栄養相談
食事療法や栄養管理についてご相談をお受けしております。主治医にお申し出ください。また、疾病別の栄養管理に関する教室も定期的に開催しております。興味のある方は、お気軽にお申し出ください。

お問い合わせ 個人情報保護に関する城南福祉医療協会基本方針・利用目的 ?2006 Ota Hospital, All rights reserved.