城南福祉医療協会 大田病院 Ota Hospital
院長あいさつ

いつでも、どこでも、安心して医療を受けられるために

写真 念願だった新病院を2010年5月にオープンしました。
1949年創設以来地域の方々に支えられ、期待と信頼されていることを感じ身の引き締める思いです。この間、新しい病院の役割は何かと考えてきました。限られたスペースとマンパワーで私たちが担わなければならないことは何か。一つは「救急医療」です。東京都にはたくさんの病院があるにもかかわらず、色々な理由で救急車を断らざるを得ない状況があります。大田病院では「断らない医療」を目指してこれからも積極的に救急医療に取り組んでいきます。
139床の一般病棟では内科、整形外科、外科を中心に治療します。急性期、手術、検査など幅広く見ていきたいと思います。新しい役割の病棟として回復期リハビリテーション病棟を50床で始めました。病気の治療の後の社会復帰にむけたリハビリテーションを主に行う病棟です。今までにあまりおつきあいのなかった病院とも連携していくようになると思います。新しい連携が私たちを育てていってくれるのではないかと思います。従来の法人内事業所との連携にとどまらず地域の医療機関や事業所との強力な医療・福祉・介護の連携をもち「いつでも、どこでも、誰でも安心して医療を受けられるために」という願いとともに安全な医療を追及していきたいと思います。

医師の紹介

院 長 田村 直 外科

副院長 千田 宏司 循環器内科

  細田 悟 リハビリテーション科
  高野 智子 呼吸器内科

 

お問い合わせ 個人情報保護に関する城南福祉医療協会基本方針・利用目的 ?2006 Ota Hospital, All rights reserved.