城南福祉医療協会 大田病院 Ota Hospital
外来のご案内はこちら
病院のご案内
大田病院の理念
城南福祉医療協会ネットワーク
医療活動の紹介
入院される方へのご案内
外来のご案内
健診と人間ドックのご案内
健康のかけはし
医師をめざす学生のページ
看護師をめざす学生のページ
HOME
HOME > 医療活動のご紹介 >経鼻内視鏡(胃カメラ)始めました。
医療活動のご紹介
経鼻内視鏡(胃カメラ)始めました。

鼻から入れる内視鏡 経鼻内視鏡検査
〜苦痛が少ない体にやさしい検査〜
大田病院副院長・消化器医長 山本 博

 「鼻から入れる内視鏡」は、これまでの経口内視鏡に比べて苦痛の少ない検査として注目を集めています。大田病院でも今年の5月よりこの経鼻内視鏡を導入し検査を実施しています。

胃がんは罹患率第1位!受診率は…

 厚生労働省平成17年人口動態統計によると、わが国の死亡原因第1位である「がん」の年間死亡者数は増加しており、死亡者数で最も多いのは肺がん、続いて胃がん、大腸がん、肝がんとなっています。中でも胃がんは死亡者数では第2位ですが、罹患率では日本人が最も多くなっています。胃がんは早期発見で完治しやすいがんでもあるため、なによりもまず定期検診による早期発見、早期治療が大変重要です。しかしながら、内視鏡による検査は「苦しく辛い」「面倒くさい」など敬遠されがちな検査となっています。そうした中で最近「苦しく辛くない」内視鏡検査として期待されているのが鼻から入れる経鼻内視鏡です。

嘔吐が起こりにくく苦痛の少ない検査

図 経鼻内視鏡は内視鏡を口からではなく鼻から入れてのどまで通し、食道、胃、十二指腸を観察します。なぜ経鼻内視鏡は楽なのでしょうか? 口から内視鏡を入れるとどうしても舌の付け根を圧迫してしまい、これが嘔吐反射を誘発し、吐き気をもよおします。また、内視鏡を挿入する角度によっては、のどの壁に内視鏡が当たって嘔吐反射を起こすこともあります。経鼻内視鏡では鼻から入れると、舌の付け根をよけて入れることができ、また内視鏡の挿入ルートがのどの壁とほぼ平行になるので嘔吐反射が起こりにくくなります。

経鼻が無理な場合には口からの内視鏡検査に

 経鼻内視鏡は患者さまに抵抗なく受けられる点が特徴ですが、「楽」だというイメージが先行してしまい、何も感じないものと思って来院される患者さまもいますが、内視鏡が鼻や食道入口部を通過する時の違和感は残ります。経鼻は経口用よりは細くできていますが、それでも5%弱の方は鼻を通過できない方がいます。その場合は、無理をせず口からの内視鏡に切り替えて検査させていただいております。

早期発見ができれば内視鏡手術もできる

 早期胃がんの60%強が5年で進行した胃がんになるといわれています。早期の胃がんで、がんが胃粘膜の表層に留まるものであれば、内視鏡による切除で完治する期待ももてます。そのためにも定期的に検診を受けていただき、あるいは胃に異常を感じたら内視鏡検査を受けていただき、早期の段階で胃がんを発見したいものです。
経鼻内視鏡検査をご希望の方は、大森中診療所受診時にご相談ください。

お問い合わせ 個人情報保護に関する城南福祉医療協会基本方針・利用目的 ?2006 Ota Hospital, All rights reserved.