城南福祉医療協会 大田病院 Ota Hospital
病院のご案内
大田病院の理念
城南福祉医療協会ネットワーク
医療活動の紹介
入院される方へのご案内
外来のご案内
健診と人間ドックのご案内
健康のかけはし
医師をめざす学生のページ
看護師をめざす学生のページ
HOME
HOME > 医師をめざす学生のページ > 初期臨床研修のご案内TOP
医師をめざす学生のページ 初期臨床研修のご案内
【大田病院 医師研修の理念】

一、将来の専門分野に関わらず、医師に求められる基本的な診療能力を養成します。

一、地域の期待に応える地域医療を担う医師を、地域医療の現場で育成します。

一、深い社会認識と豊かな人権意識を持つ医師を養成します。
初期臨床研修のご案内
写真あなたも私達の病院で医師としての第一歩を踏み出しませんか
現在、国民の大きな関心を集めている高齢者医療や救急医療は、住民の生活と密接に結びついている中小規模の病院や診療所によってその大部分が担われています。そこでは、入院や外来の診療だけでなく、往診を含めた在宅医療や慢性疾患の患者会活動、地域における健康教育活動など、患者さんや地域の住民と密着した医療を展開しています。
真のプライマリーな力を身につけるには、地域に密着した病院で様々な医療課題に触れて広い視野を育むことが大切だと思います。
是非私達の大田病院であなたの医師人生の第一歩を一緒に踏み出しませんか。
大田病院 院長  田村 直(奈良県立医科大学1984年卒)
医局集合写真

研修の4つの魅力研修内容
募集要項・お問い合わせ募集要項・お問い合わせ
研修医募集チラシはこちら実習・病院見学申込用紙はこちら

大田病院はこんなところです。
【立地・地域性
古くは海苔漁が盛んな地域で、都内では珍しく家族構成人員が多い家庭がある反面、老人世帯や独居の家も多く、入院・外来以外に往診・訪問看護にも力を入れています。また、日本を代表する高度な技術集積地帯のひとつである京浜工業地帯の東京側に位置し、病院の回りには中小の町工場が密集する物づくりが盛んな地域です。病院設立当初から代々、家族ぐるみで病院を利用されている家庭も少なくありません。
【診療科目】
内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、脳神経科、リハビリテーション科、腎臓代謝、内分泌科、外科、整形外科
【主な医療設備】
全身用コンピュータ断層撮影装置(CT)、X線撮影装置、X線テレビ装置、マンモグラフィー装置、心臓用超音波診断装置(カラードップラー装置)、腹部・表在用超音波診断装置、トレッドミル、内視鏡、シネアンギオグラフィー、人工透析、血液濾過透析装置、血漿交換、PSG、結核患者収容モデル病室、MRI
医療・地域連携
当院は外来、入院そして在宅まで、患者様を家族を含めて継続的・包括的・総合的に診ていける地域に根ざした医療機関として発展していけるよう心がけています。地域連携も重視しており、東邦大学、東京労災病院をはじめ、開業医と連携して相互の入院患者様の紹介や在宅患者様の紹介をうけています。また、東邦大学の医学生の地域医療実習の受け入れや、初期臨床研修プログラムにおける協力施設としても連携しています。
日本感染症学会のICD(インフェクションコントロールドクター)認定医を擁し、厚生労働省指定の医療事故防止協力医療機関となっているなど、感染防止・医療の安全性の向上の点でも積極的な取り組みを行っています。
施設認定
日本外科学会専門医制度関連施設、日本内科学会認定医制度教育病院、日本リハビリテーション医学会研修施設、プライマリケア学会認定医研修施設、厚生労働省指定医療事故防止協力医療機関、日本循環器学会認定循環器専門医研修関連施設、日本老年医学会専門医制度認定施設、日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修指定施設、日本緩和医療学会認定研修施設
お問い合わせ 個人情報保護に関する城南福祉医療協会基本方針・利用目的 ?2006 Ota Hospital, All rights reserved.