城南福祉医療協会 大田病院 Ota Hospital
病院のご案内
大田病院の理念
城南福祉医療協会ネットワーク
医療活動の紹介
入院される方へのご案内
外来のご案内
健診と人間ドックのご案内
健康のかけはし
医師をめざす学生のページ
看護師をめざす学生のページ
HOME
HOME > 後期臨床研修のご案内TOP
後期臨床研修のご案内

城南福祉医療協会、大田病院での医師研修は、医学部卒後〜2年目までの初期臨床研修(厚生労働省指定)をジュニアレジデント、3年目から5年目までの後期臨床研修をシニアレジデントとし、基本的にジュニアからシニアまでの研修は一貫した方針の元で行います。初期臨床研修プログラムは基幹型臨床研修病院としての基本的方針に基づいて行いますが、シニアレジデントに対する研修プログラムは、以下のように定めます。

大田病院後期臨床研修の紹介

1.城南福祉医療協会、大田病院の目指す医師像と医師研修の目標
〜生物的、心理、社会的問題を含め、地域に応じたプライマリ・ケアを広く提供できる医師。必要に応じてサブスペシャルな技能を身につける医師。 民医連の医師養成の目標は、「幅広いジェネラルな臨床能力を基礎として持ち、必要に応じてサブスペシャルな技能を身につけた医師」です。「生物的、心理、社会的問題を含め、地域に応じたプライマリ・ケアを広く提供できる医師」を、大田病院としての医師養成の目標とします。

ここで、「プライマリ・ケアを提供できる医師」を定義します。プライマリ・ケアを提供する医師は、いわゆる専門医に対比して考えられると、専門医は「狭く、深く」であるのに対して、プライマリ・ケアを提供する医師は「広く、浅く」という定義は正しくありません。「プライマリ・ケアを提供する専門医」という医師の姿を、我々は求めていきます。プライマリ・ケア専門医は「知識は広く必要だが、疾患の頻度、緊急度、重症度によって、その深さにメリハリをつける」能力を身につけています。「プライマリ・ケア専門医とは、ヘルスケアの第一線にいて、患者のあらゆる健康問題の窓口となる「総合する専門医」である。プライマリ・ケア専門医は、疾病のいかん、個人的、社会的背景のいかんにかかわらず、患者の自律性を尊重しながら、患者にとって最善となるように、日常の健康問題の大半を責任を持って取り扱うことができるような幅広い臨床能力を求められる。その活動は、さまざまな社会資源を活用しながら、予防、診断、治療、ケア、症状緩和、リハビリテーションなどにわたり、継続的で、家族や地域を視野に入れたものである。(伴 信太郎)」

その医師に必要な能力は、我々が立地している大田、品川地域の経済情勢、医療の特徴をふまえて、頻度の多い病態、世代、社会背景に応じた、適切な医療と福祉の適応を知り、利用できる医療、福祉資源を知ることを前提とし、適応となる医療技術は、この地域の他の医療機関との関係において、必要に応じて身につけ、提供する能力です。

また、地域に広く窓口の役割をもって医療を提供するためには、医療、福祉の適応を知る能力を持つことよりも、更に重要な技能は、広く患者を受け入れる態度を身につけることです。我々の能力を超える可能性のある健康問題であっても、医療を求めて受診される患者様を、必ず診察し、我々のできる範囲内での判断と、治療の道筋を示すことを、真摯に行う態度がなければ、地域の窓口としての医療機関、その役割を担う医師として、失格といわざるを得ません。

プライマリ・ケアを提供する医師は、これまでよりも更に広い分野において、治療的判断や、意志決定を行っていくことが必要とされます。その際には、これまで以上に、患者様、医療スタッフとの十分な意見交換を行って、患者様の納得できる意志決定を行っていく必要があります。そのことは、一人の医師の知識や、思考には限界があることを認識すること、自らの信念とは異なる考え方を受け入れ、それにあえて従う態度が、これまで以上に求められることになります。看護婦や、事務、患者様と意見が異なるときに、治療方針を決める最も大きな力を持つ医師が、最も広く意見を受け容れる謙虚な態度を示す能力が、必要とされます。

地域には種種雑多な健康問題が、様々な考え方、経済、政治的課題と共に存在しています。このような地域に応えられる能力とは、極めて個別的な問題に、えり好みせず真摯に取り組む中にのみ、身について行くものと考えます。「あれこれは、自分の専門外」、ではなく、「医学的問題でなくても、地域の健康問題であれば取り扱う、医師、医療機関となる」ことが、プライマリ・ケアを提供する医師の重要な課題といえます。
2.シニアレジデントプログラムのコアとなる教育目標
2年間の研修を終えた研修医のモチベーションは、研修を自分の志向する分野へ、より深い知識と技能、経験を求める内容に変化していると考えます。大田病院、城南福祉医療協会の目指す医師像、医師研修の目標に基づき、プライマリ・ケアを提供する医師としての能力を引き続き磨きながら、自らの高いモチベーションに基づいて、選択的な研修を行っていくことを、コアとなる教育目標に置きます。
民医連への医学生の期待、国民の要求、経営的将来性に基づいて、研修診療所における家庭医養成コースを新たに設け、城南福祉医療協会の臨床研修の特色を打ち出します。
3.シニアレジデントプログラムのコアとなる教育目標
2年研修を終えた研修医への研修プログラムを、以下の選択制とする
1.呼吸器科でのサブスペシャルティー研修
2.循環器科でのサブスペシャルティー研修
3.消化器科でのサブスペシャルティー研修
4.透析科でのサブスペシャルティー研修
5.リハビリ科でのサブスペシャルティー研修
6.腹部一般外科でのサブスペシャルティー研修
7.家庭医を目指すサブスペシャルティー研修

全ての選択プログラムについて共通する研修到達目標
●総合医としての臨床的技能(責任性、近接性、継続性)の維持、研鑽
●責任性:主治医としての患者管理、総合的判断、地域の医療要求に応える姿勢
●近接性:患者様への親切な態度、医療スタッフとの良好なコミュニケーション
●継続性:往診、外来、病棟を担当し、患者様と長く関係する

1.〜6.については、基本を3年間とする
1.〜6.については、原則として3年間の間でローテーションすることはない
1.〜7.における個別研修到達目標は、その科の医長がルーチンに行っている専門科としての業務を、指導の上で行えることとする
呼吸器科 急性期呼吸管理、癌治療、喘息、慢性呼吸不全の外来管理、気管支鏡、CT読影
循環器科 心不全管理、狭心症の外来管理、トレッドミル、CAG、ペースメーカー挿入、心エコー読影
消化器科 消化管出血の管理、慢性肝炎の外来管理、上部、下部消化管内視鏡、エコー、CT読影
透析科 透析導入患者の管理、慢性腎不全患者の外来管理、シャント造設
外科 一般的腹部外科の手術、術後管理、末期癌患者の緩和ケア、血管造影
リハビリ科 脳血管障害の急性期管理、身体障害患者の外来管理、CT読影
これらを必須の研修項目とする

7.家庭医コースの研修到達目標
診療所における一般的臨床問題の解決能力、在宅診療のリーダーとしての技能、小児科、小外科、婦人科、精神科の外来の一般的技能、地域でのヘルス・プロモーション、予防医療、患者教育を、高い水準で行う。
半年間の診療所研修と、残りの2年半は、病棟所属で総合医的病棟医としての業務、外来中心の業務を担当する。
お問い合わせ 個人情報保護に関する城南福祉医療協会基本方針・利用目的 ?2006 Ota Hospital, All rights reserved.